噴霧器を使っているスーツ姿の男性

慌てずに対策をする

殺虫剤で一撃

遭遇した時のびっくり具合は半端ない

日本にはねずみが27種類生息しています。その中でも、家ねずみと呼ばれているのがハツカネズミ、ドブネズミ、クマネズミです。ドブネズミはよく名前を聞くねずみです。大きな身体が特徴で、元々は中央アジア一帯の沼地に生息していましたが雑食で繁殖能力も優れているので溝などに生息するようになりました。ねずみ退治して欲しいねずみナンバー1と言って良いです。このようにねずみは雑食であるものが多いので、ねずみ退治において大切なことは残飯をきれいにしておくと言うことになります。清潔にしていればねずみが発生することはあまりありません。ねずみに巣を作られると後々たいへんになりますので、巣の材料になる新聞紙などもきちんと捨てるようにしないといけません。業者にねずみ退治を頼むと一戸建てなら10万円ぐらいかかったりします。今はねずみ退治用の殺鼠剤や、撃退用のスプレーなども3000円程度で手に入ります。

ねずみを見てもあわてず騒がず

家に入り込むねずみはクマネズミが多く発見されています。クマネズミには殺鼠剤があまり効かず、強い毒餌でも死にません。とても賢いねずみなので罠をよけて通ったりもします。このようなねずみをどうやってねずみ退治すればいいかというと、ねずみ退治のプロにお任せするのが確実に家からねずみがいなくなります。ただ、業者にお任せするとそれなりにお金がかかってしまいますので、自分で家中に罠を仕掛けても良いかもしれません。ねずみをどうにかするためにはまず餌をあたえない、住処を与えない、通路を塞ぐという防御をしなければいけません。退路を断つためには通路や通気構や排水溝を金網などで塞いでねずみが入り込めないようにしなければいけません。的確な場所に罠を仕掛けられればねずみ駆除も自分でできます。

余計な費用がかかる

農薬をまいて作物を守る

害虫を放置しておくと、その被害だけに留まらず二次被害を受けていらぬ費用が発生する恐れがあります。そのため、害虫に困ったならば早急に退治することで、身体にも財布にもやさしくなれます。

Read more

値段よりも確実性を

肥料を与える

ネズミの駆除を業者に依頼する場合、値段が気になるところですが、信頼性のない業者に頼んで次の被害が出るより、値段を上げて信頼性のある業者に依頼した方が確実に駆除できてコスパもよくなります。

Read more

古来より天敵

蚊取り線香に火をつける

ネズミは我々人類にとって古くからの宿敵となっています。ネズミ返しという対策を講じる程に昔から戦ってきた間柄です。時代は進み科学力を得た人類はかなり有効的な手段をもっているので業者に頼んで確実に退治しましょう。

Read more